「年長児クラス」では、基礎的な総合力養成は6月頃までに終えて、7月からは志望校に向けて実践力を磨きます。

年長クラスの受験対策について

「志望校に関してはご両親のご希望を第一に本人の性格、勉強の習熟度、模試の結果などを含めて受験校の決定は最終段階として夏期講習終了後にはある程度把握できる状況になります。

学校によっては、これから始まる説明会や見学会に参加する必要のある学校、このようにすれば良いというのがありますので各ご家庭に合わせて合格までに必要なことをお伝えします。小学校受験は、基礎学力だけで合格できるわけではありません。

お子様とその学校との相性も大切です。ご家庭の状況、お子さまの性格・資質からご縁を頂きやすい学校というのもあります。努力をしてきたことを合格という結果で残し、お子さまもご両親にもこれからの自信として新たな小学校生活を過ごして欲しいと願っております。」

年長総合クラス

小学校受験に必要なペーパー、絵画、制作、巧緻性、行動観察等を総合的に指導します。

1回の授業で20枚〜30枚のペーパー課題を解きます。
解き方の手順やスピード、見直しをきっちりすることで、正解率を向上させていきます。きれいな答案をめざし、見やすく丁寧に書くということも徹底します。
後半1時間は、週替わりで絵画、工作、巧緻性課題もカリキュラムに取り入れ、基本を身につけます。

小学校受験に必要な課題を、このクラスで学べるようになっています。
制作課題は子供たちが楽しめるような作品作りを多数取り入れて、仕上げた時の達成感を与えるよう、工夫しています。